2016年8月25日、決勝大会が開催され、グランプリ観光庁長官賞、金賞、銀賞、銅賞が各校に授与されました 

当日の様子は、大会Facebookページのアルバムをご覧ください。

グランプリ 観光庁長官賞(副賞:旅行券10万円)

  • 京都府 京都府立桂高等学校「ほんまもんの和食素材を世界へ発信!伝統野菜が繋ぐ京の歴史と食文化の再発見」

金賞(副賞:亀井堂総本店大瓦せんべい

  • 青森県 青森県立名久井農業高等学校「青森お米物語~辛い記憶を乗り越えて~」

銀賞(副賞:神戸風月堂神戸六景ミニゴーフル) 3校

  • 福井県 福井県立奥越明成高等学校「日本一の名水(みず)による恵み~町がまるでレストラン 大野の幸でバイキング~」
  • 岐阜県 岐阜県立大垣養老高等学校「岐阜は飛騨だけじゃない!岐阜西濃の魅力をモノづくり、ヒトづくり体験で紹介!!」
  • 愛知県 名古屋経済大学高蔵高等学校「モノづくり王国から、東海道「有松」で400年の「ホンモノ」体感ツアー~地域の美しさを全国へ!そして世界へ!!~ 」

銅賞<(副賞:有馬温泉炭酸せんべい) 3校

  • 長野県 長野女子高等学校「別所に行きましょ ―めぐってめぐる七苦離の旅―」
  • 兵庫県 兵庫県立生野高等学校「朝来で暮らす3日間の旅~地域とつながる田舎体験プラン~」
  • 山形県 山形県立村山産業高等学校「 『日本文化体験』Fake&Fantasy~日本の文化『F&F』を体験しながら、奇跡を感じるツアー~」

「全国高等学校観光選手権大会」とは

 「全国高等学校観光選手権大会」は、高校生がフィールドワークや地域住民のヒアリングで見つけた「地域の光」を、オリジナルな「体験型観光プログラム」とした企画を競い合う全国大会です。

 2016年、日本政府は訪日外国人旅行者数の目標を2020年に4000万人に引き上げ、訪日外国人の訪問先の地方分散を図り、地方の活性化につなげようとしています。

 ぜひ若者の視点で、皆さんの住んでいる町を世界へアピールできる「体験型観光プログラム」を創って応募してください。